【健康】身体に良い「塩」オススメ18選!

前略 カヨン三世(kayon3rd)です。

健康維持のために必要な「塩」。

健康ブーム、塩ブームの最中 “どの「塩」が良いんだろう?” という疑問を持つのは当然のこと。

今回は、どんな塩があり、どんな感じなのか、実体験をもとにオススメする「塩」18選を一挙に紹介します。

入浴にオススメな「塩」

羊水塩

自然塩を元に人工的にミネラルバランスを変え、羊水と同じミネラルバランスを実現したもの。

入浴用に向きですが、食用(野菜を茹でる)にも活用できます。

入浴後は洗い流さないことで、お肌を優しく保湿してくれます。

ニュートラルな気分を味わうのに最適。

あわせて読みたい
生まれる前を思い出す?!魔法仕掛けの「羊水塩」の使い方 前略 カヨン三世(kayon3rd)です。 納得のバスソルト探して彷徨う中、ついに見つけた逸品があります。 不思議な...

エプソムソルト

厳密にいうと塩(塩化ナトリウム)ではなく、硫酸マグネシウムなのですが

とにかく身体が温まり、発汗作用が高いことから、デトックス効果を期待できます。

ピリピリと刺激が強めなので、超敏感肌の方は注意が必要です。

私もかなり敏感肌ですが、きちんと洗い流してお風呂を上がれば、今のところ問題はありません。

死海の塩

created by Rinker
ジェイ・シー・イー・オーバーシーズ

発汗作用が高く、デトックス作用が期待できる傍ら、身体が沈まないと言われている死海の塩だけあって、

何かと浮いているような心地が不思議。

ヒマラヤ岩塩(ブラック)

嫌なことがあった時、続くときに、浄化・お清めとしてオススメします。

じんわりと温まり、硫黄の香りが邪気を払ってくれる感覚があります。

ヒマラヤ岩塩(ピンク)

何となく浄化したいけれど、キツイ匂いが嫌だと感じるときは、ブラックソルトに代わり、ピンクソルトが活躍します。

「ピンク」という色が自身を守ってくれるイメージで入浴すると、穏やかな気分になります。

ヌチマース

食用にも、成分的にはオススメなのですが、塩味が足らず、使い過ぎてしまう可能性も加味して申し上げますと、フェイスパックに使うのに良い塩です。

少量の水で溶いたものを肌に塗り、皮膚からデトックスしてもらう使い方がコストパフォーマンスも良いかと思います。

食用にオススメな「塩」

皇帝塩

ダントツでオススメな超美味しい塩です。

お値段が高いので、漬物ではなく、料理に少しずつ使うのがオススメ。

塩おにぎりがぶっちぎりで美味しくなります。

珊瑚の塩

ジャリジャリと歯ごたえがあるので、冷やしトマト、枝豆・・・など、振りかけて使うのに向いています。

竹塩

還元力のある竹炭が配合された「竹塩」は、硫黄の香りがするので、卵料理(ゆで卵、目玉焼き)に振りかけるのがオススメです。

キパワーソルト

韓国で作られている塩。

「氣」がパワフルなのか、不思議と元気が湧いてくる感覚があります。

水に溶かしたものを野菜にスピレーすると、野菜も元気になるのだとか。

800度以上という高温で焼かれて培ったパワーがすごいとも言われています。

白湯に小さじ一杯入れて飲むと、体によく染み込みます。

ただ、硫黄の香りがするので、鼻の息をとめて飲んだ方がいいです。

デボラ湖塩

オーストラリアで作られる塩。

湖の塩は、海風が運んできた塩分からできると聞いたことがありますが、直接的でない分、優しさがあり、それなのに、なぜかすごく塩辛い。

少量で塩味を感じやすいので、減塩を考えておられる方にオススメです。

アンデス岩塩

ヒマラヤのピンクソルトよりも硫黄臭が無く、肉・魚料理に適しています。漬物などに大量使用すると、強すぎる風味になるので注意。

オーストラリアの海塩

created by Rinker
南の極み
¥200
(2018/12/15 12:59:46時点 Amazon調べ-詳細)

お値段も手頃で、日常的に使いやすい塩。

振りかけるにも、漬けるにも、オールマイティーに活躍してくれますし、ボトルなのが何と言ってもフレンドリーです。

カンホアの塩

優しい味がどことなく懐かしく感じられる「海そのもの」を凝縮した塩。

生命の源を思い出させてくれる心地がします。