【レシピ】簡単!ギー(精製バター)の作り方と効果・効能・使い方♪

アユルベーダでおなじみの「ギー」。

私はギーをよく使うので、手作りして経済的に暮らしています。

時間は多少かかりますが作り方は簡単なので、是非とも作ってみてほしい!

まずは作り方から、効果・効能・使い方にわたり、紹介しようと思います。

ギーの作り方(写真付き)

終始『弱火』で行います

材料・道具
  • 焼き魚用の網
  • ホーロー鍋(ステンレス、ガラスも可)
  • コーヒーフィルター
  • 無塩バター

焼き魚用の網の上に、鍋をセットし、弱火で無塩バターを溶かして行きます。

弱火のまま、30〜40分煮詰めます。

↓煮詰めていく様子



浮遊した乳たんぱくが、表面で固まり、沈殿したたんぱくが茶色に変化したくらいで加熱終了。

粗熱が取れたら、コーヒーフィルターでろ過して完成です。

黄金の輝きにうっとり♡

ギーの効果・効能

  • 脳への栄養補給と脳の保護
  • 神経繊維を作る栄養分が豊富なため、脳の機能を高めます。

  • 消化管の修復と回復
  • 腸壁細胞を増殖させる短鎖脂肪酸である酪酸(酪酸)の自然源で最も豊富な源です。

  • 健康増進のビタミン、ミネラル、栄養素が豊富
  • ビタミンA、ビタミンK2、コレステロール、オメガ3、オメガ9、リノール酸など、食事からの摂取が難しい栄養素を含みます。

  • 生命力を高め、精神、身体、精神に深く若返る
  • アーユルヴェーダで言う「オージャス(生命力)」が多く含まれているので、日頃、ストレスや添加物摂取などで失った「オージャス」を取り戻す働きがあります。

  • 肉体、精神を沈静化
  • 少量のギーは「薬」として作用し、バランスと調和を回復します。

  • 調理油に最適
  • 酸化し始める温度が高いので、加熱調理にも適しており、常温保存も可能です。

  • 肉体的および精神的な解毒
  • 親油性の毒素の排泄だけでなく、細胞の親油性の部分に溜まった感情も排泄します。

参考:Conscious Lifestyle Magagine

「ギー」の一般的な使い方

調理油として、炒め物に使ったり、カレーに入れたり、バターの代わりにパンに塗る・・・などがメジャーな使い方ですが、私は「お味噌汁に入れる」のがお気に入り。

味噌バターラーメンのスープのような風味になって美味しいですし、毎日取り入れるのに最適です。

他、肌の保湿として、ごく少量をクリーム代わりに使うこともできます。

アーユルヴェーダの専門的な使い方ばかりでなく、日常フレンドリーな「ギー」

是非とも作って使って元気になって下さい!

それでは素敵な1日を!





ランキング参加しています♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング
ABOUT ME
アバター
カヨン三世
流離うブロガー。 ルパンに恋する80年生まれ。 6年間(2008-2014)の海外放浪を経て自由なところに本当の自分がいることに気がつく。 「自分を生きる大冒険」をテーマに “心と体と魂” を癒すライフスタイルを北海道から発信しています。