沖縄観光スポット

沖縄で川遊び☆源河川で飛び込みしてきました!【名護市】

沖縄と言ったら「海」とばかり思っていた私ですが、最近、沖縄と言ったら「山」かもしれないと気が付き始めました。

やんばるの山は、亜熱帯の大自然が広がり、本土では味わえない雰囲気があります。

今回は、大人も子供も川遊びを楽しむことができるマル秘スポット、名護市にある「源河川(げんががわ)」をご紹介します。

源河川への行き方

那覇市内から車で約90分。

ナビに住所(沖縄県名護市源河305[Google マップ])をセットして安全運転で向かいます。

ナビが誘導してくれる通りではありますが「許田(きょだ)インター」で高速を降り、

58号線を名護方面に北上します。

▼この交差点に来たら右折

▼たまご直売店が見えたらそのさきの橋を渡ってから右折

▼こちらの石碑が到着の目印です。

駐車場が無いため、広くなっているスペースを見つけて路駐。

カヨン三世
カヨン三世
交通の邪魔にならないように!

源河川の川遊びと飛び込み

とにかく水が澄んでいるので、魚たちやエビなどを観察することができます。

魚採集をしている人や魚釣りをしている人もいました。

河を上流に向かって歩くこと10分。

泳ぎ人発見!!

気持ち良さそうで、私も泳がずにいられなくなる始末。笑。

カヨン三世
カヨン三世
水陸両用の服で来てよかった!

ハァ〜♡気持ち良い♡

思わずため息が出るとともに・・・ここぞとばかりに深呼吸

マイナスイオン吸い貯め作戦です。

もうちょっと上流に行ってみたら・・・

飛び込みスポットがありました!

ロープが垂れ下がっているのが目印。

おそらく3メートルはあるであろう水深。

身長173cmの私も全身ドボンしました。笑。

童心に帰れますね。

源河川での注意点

写真をご覧の通りですが、携帯電話不通区域なのに、ハブに噛まれたらすぐに連絡を取らなければいけません。

つまり、ハブに噛まれないように細心の注意を払う必要があります!

また、川の中を歩く際、緑の藻が付いている石は滑りやすいです。

サンダルよりもアクアシューズで行くことをお勧めします。

安全に楽しく、エコフレンドリーに。

皆様の良い体験になります様に・・・

それでは良い一日を!

源河川(げんががわ)
沖縄県名護市源河305(Google マップ



ランキング参加しています♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング
ABOUT ME
アバター
カヨン三世
沖縄移住2年目ブロガー。 ルパンに恋する80年生まれ。 6年間(2008-2014)の海外放浪を経て自由なところに本当の自分がいることに気がつく。 「自分を生きる大冒険」をテーマに “心と体と魂” を癒すライフスタイルを沖縄から発信しています。