心(メンタル)

ジャッジをやめよう!天気に良し悪しはありませんよ。

子供の頃から、当たり前の様に、晴れの日が天気の良い日だと思って生きてきました。

そういう風に教えられたことを素直に受け入れてきました。

(八代亜紀さんが「雨雨降れ降れもっと降れ・・・」と歌うのを聞き、なんでそんなに悪いもの降らせたいの?という疑問も持ちつつ。笑。)

確かに、晴れた日は過ごしやすい天気ではありますが、雨の音が心地よい日だって、曇りの方が心地よい日だってありますよね。

雨が降ってみて、屋根がある事が有難いと思えたりと、どんな天気であっても、心地よさをどこかに感じて生きています。

雨が降って嫌かもしれないけれど、水が欲しかった大地は喜びます。

天気の良し悪しは人の都合でジャッジされがち。

曇天が長く続く地域に住んだ時、気分も暗くなるし嫌な天気だなというところばかり見ていました。

真っ暗闇にいるわけでも無いのに、晴れない事を鬱陶しく思い、ちゃんと昼も夜もあるのに、曇っていると太陽が居ない様な気持ちになったり。

在るものを見れなくなってしまうのは、おかしな話ですね。

あの頃の私に教えてあげたい。

太陽は見えなくても在る。酸素は常に供給されている。

という事を。笑

天気が良いか悪いかに例えてみましたが、

この様に物事をジャッジしている内面に気づいて、ジャッジをやめて見ると随分と世界が変わります。

無理して前向きに考えるのではなく、ただ、思考から距離を置いて、ただ在るものの存在をただ感じる。

これまでダメだと思って来た事がダメではないと思えたり、乗り越えるのが大変だと思っていた試練も、単なる試練だと思えたり。

不思議なもので、外側は何一つ変わって居ないのに、自分の内面が変わっているのです。

思考に巻き込まれている事に気がついたら、立ち止まって空を見ます。

ああ、空がある。

そう感じるだけでも、そう感じている間だけは思考が止まってくれます。

私は低気圧になると体調を崩しがちなのですが、天気のせいにするというネガティブな思考回路を使わないで

ただ、体調を労わるだけにしています。

体調不良の原因探しほど疲れるものはないですし、その分頭を休めてあげた方が回復力も高い様です。

ジャッジしない様に気をつけていると、生きやすくなる様です。

誰のせいでもない、何のせいでもない世界はなんて平和なのでしょう。

皆さんも、そんな世界を増やしてみてください。

ABOUT ME
アバター
カヨン三世
沖縄移住2年目ブロガー。 ルパンに恋する80年生まれ。 6年間(2008-2014)の海外放浪を経て自由なところに本当の自分がいることに気がつく。 「自分を生きる大冒険」をテーマに “心と体と魂” を癒すライフスタイルを沖縄から発信しています。