魂(スピリチュアル)

マヤ暦の活用法:日々のストーリーにキーワードを!

私とマヤ暦との出会いは7〜8年前でしたでしょうか。

ブエノスアイレスに暮らしていた時、書店で手にしたマヤ暦手帳が切っ掛けでした。

即購入してカフェで見ながら訳わからない!

というメモ的なふてくされ写真↓

それから、ゆっくりですがマヤ暦に触れながら過ごしてきたのですが、

気がついたら、割と(というかかなり)、暮らしの主役になっています。

マヤ暦は、毎日の時間には毎日違ったエネルギーがあるという教えがあります。

現在、一般的に使われているカレンダー(グレゴリオ暦)と違って、

1ヶ月が28日で、1年が13ヶ月(364日)で、それに加えて、1日で365日。

この1日は「時間を外した日」と言われていたり、そうではない!と言われていたりしますが、何れにしてもマヤ暦カレンダーに載らない特別な1日です。

(ちなみに7月25日がその日にあたります)

難しい(?)ことはさておき、

マヤ暦には、毎日違うエネルギーがあるという教えがある件なのですが、

私は、毎朝起きたら必ずチェックしていることがあります。

それは、その日に流れるエネルギーのキーワードを知ることです。

例えば、ネットでお世話になっているサイトは今日のマヤ暦占いカレンダーさん。

まずは「今日のキーワード」や「今日のメッセージ」を意識すると良いですよ。

今日という一日を過ごすにあたって、やらねばならないことも現実的にはあるんですよ。

〜せねば!と思うことはやらない!と決めても、雇用されていたり、家族と住んでいたりすると、何かしらある訳です。

そんな日常でも、宇宙のキーワードにシンクロする出来事や閃きもある訳で、

そんなシンクロや閃きを促してくれるのがマヤ暦のキーワードです。

前向きなキーワードを意識すると、そこに紐付く出来事が起こっていることに気がつきます。

また、マヤ暦のキーワードを元に一日を振り返ってみても、キーワードに準ずる意識の変化や出来事があったなぁとも思えます。

人間だもの、色々な人がいて、色々な考えがあり、色々なことが起こります。

マヤ暦のキーワードだって、強引に解釈したら、いつでもそれあるでしょ?!・・・という風にも言えますが、

仮に把握しきれない程のキーワードがあったところで、全部意識して過ごすのは不可能だと思います。

日々、テーマにしたほうがいいキーワードが厳選されてあるってありがたいな。

そんな風に思いながら活用しています。

物語のように一日を過ごしたい。

そんな風に昔から思っていました。しかし、忙しい日常でそこにフォーカスできなくて流されてしまう。

もっとゆっくりしたいのに・・・と思いながら過ごし、流された一日にも、それに沿った物語が生まれます。

しかし、流されてしまった一日にも、視点を変えた物語の捉え方があります。

このようなことを、マヤ暦生活から学んでいる気がします。

スピリチュアルなことって、解釈や視点・論点次第でどうにでもなるのですが、

もし、私と似たような感覚が何かをワクワクさせているようでしたら、

是非とも試してみてくださいね。

どんな状況下でも、何かワクワクできることがあるのは良いものです。

どんな方にも、本当は良いことがたくさん起こっているんだよ!

今日も心オープンにハッピーな一日を!



ランキング参加しています♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング
ABOUT ME
アバター
カヨン三世
流離うブロガー。 ルパンに恋する80年生まれ。 6年間(2008-2014)の海外放浪を経て自由なところに本当の自分がいることに気がつく。 「自分を生きる大冒険」をテーマに “心と体と魂” を癒すライフスタイルを北海道から発信しています。