心(メンタル)

「やりたい事」を「やるべき事」に変えてしまうもったいない癖から脱出しよう。

NYC(2008)

やりたい事をやりたい様にやっているつもりが、気がついたら「やるべき事」や「やらねばならない事」になってしまう頭の流れに疲れて居ませんか?

私には経験がありませんが、恐らく、子育てなどにはそういう一面があるのではないでしょうか?

やりたくてやっている事も「〜しなければいけない」と追い込んでしまうとエネルギーが奪われ、実際の行動が鈍くなる様です。

やらなければならない事を決めるのも自分の頭。

だったらそんな風に考えるのをやめて、おなじ事柄でも「気づいたらやる」という気楽さがあった方が快適です。

自分がやりたくてやっている事なのだから、それを遂行するであろう自分を信じよう。

「〜ねば」という余計な考えで消耗するのをやめて、ただ在ることに注力しよう。

「〜しなければならない」という考え方は、どこかで自分に対する信頼が欠けている現れの様です。

そんな風に決めなくたって、やりたいことならやりますよね。

こういった思考の癖を手放していくのは、最初は勇気がいるかもしれません。

そうやって決めないと、不安になるかもしれません。

ですが、うまく思考の癖を変えて慣れてくると、自由な世界が拓けてきます。

明日の朝は6時に起きなければなりませんか?

仕事に行かなければなりませんか?

もし、どちらも心からやりたいことでしたら、そんな風に決めなくたって、そうすると思いませんか?

また、どうしても「やらなければいけない」と思ってしまうことって、「やりたくないこと」ではありませんか?

かくいう私も、ブログを書かねば!と思っていた時期は、エネルギーが湧かず更新ができずに居りました。

ただ、やりたくない事では無いんです。

やらねば、やらねばと思いすぎている事に疲れてから気づき、一旦その思考から離れました。

そうしたら・・・

カヨン三世
カヨン三世
そうだ!ブログ書こっと!


と、自然にまたブログの執筆に戻りました。

また、どう考えてもどうしても「やらなければ」と気が重いことは、どう考えても結局やりたくない事だし、やらなくていい事だったりしています。

長い年月かけて染み付いた「〜ねば」という思考は厄介で

早く寝なきゃ!

早く食べなきゃ!

早く行かなきゃ!

そんなフレーズが反射的に頭の中を飛び交うことが日常茶飯事。

しかし、そこに無意識に流されるのではなく、気がついたら立ち止まって、書き換えてみると良いですよ。

「トイレ行かなきゃ!」と思ったら

え?行かなきゃなの?行きたいんじゃないの?・・・と。

「やらなければならない」などと考える必要すらないことは日常に多く在る様です。

徐々に思考の癖を書き換えて「〜ねば」に縛られない自由を開拓できると良いですね。

思考を省エネして、本当にやりたい事に全力を注げます様に。

自由にのびのびと羽ばたけます様に。



ランキング参加しています♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング
ABOUT ME
アバター
カヨン三世
流離うブロガー。 ルパンに恋する80年生まれ。 6年間(2008-2014)の海外放浪を経て自由なところに本当の自分がいることに気がつく。 「自分を生きる大冒険」をテーマに “心と体と魂” を癒すライフスタイルを北海道から発信しています。