心(メンタル)

【意識のシフト】辞めて、辞めて、辞めて、そして始まる『本当の自分』が止まらない。

以前に『肩書きを全てなかったことにして本当の自分に近付く。』という記事を書きました。

2018年の終わりにはSNSも辞めたんだった。

それからも意識的に、いろんなものを辞め続けています。

実際に、一切やめてしまったこともあったり、行動としてはやめていないけれど“そう考えるのをやめた”ことは数え切れないくらいあると思います。

色々やめると、新しい自分(?)眠っていた自分(?)がどんどん出てきて、まるで『本当の自分』がようやく現れたか!という様な、

なんだか新鮮な世界に新生し続けているような、一人で勝手に人生を楽しんでいるような、

新しくて、広がっていく、ワクワクとした毎日を手に入れることができたかも。

私は今、普通に外で仕事をして、休みの日は雑用を済ませ、それ以外の時間の多くは家に引きこもっています。

(もともと内向的な性格なので、家にいるのが好きというのもありますが)

こんなたわいも無い様な日常を過ごしているかもしれませんが、今まで過ごしてきた私の人生の中で、

最近の毎日の「今」が毎日最高。

すごい幸せです♡

いろんな意味で人生そんなもんだと思うことも多かったので、今こんな状態に居られることが奇跡の様にも感じられます。

色々辞めた結果にこうなっていると思うので、今回は、その “ 辞めた色々 ” を書いてみようと思います。

ミニマリストをやめました。

そうしたらミニマルになるのか考えるのを辞め、自分の中の必要最低限だけを考えていた結果、ネット検索(便利なモノ探し)が減りました。

住空間もスッキリし、自分好みの生活効率が上がり、自由な時間が増えました。

なんだったのだろう、私のミニマリストブームは。笑。

何かと無駄なもの(モノも思考も)が多すぎたから、モノを減らすことで満足しようとしていたのだと思いますが、そんなに単純なことではなかったみたい。

自分らしいライフスタイルを作ることの方がよっぽどミニマルだったみたい。

ベジタリアンを辞めました。

あの人と食事するとファーストフードに付き合わなきゃいけないとか、誰かと会食するのにお互い気を使い合わないといけないとか、気を使わずに会食できる相手を選ぼうだとか、構えありきの人付き合いをしなくて済む様になりました。

そしたら、なぜか外食(会食)が減り、自炊で好きなものを食べることの方が増えました。

結局ベジ飯を食べているのですが、私はもうベジタリアンではない。

食品表示をみて、添加物以外のもの(何が動物由来だとか)を気にしまくることも無くて、ただ、自分の身体を信じて、正直に食べることと向き合うと、やっぱりベジ飯になってしまうのだけど、

ベジでなければいけない!と思っていただいている訳ではないので、きっとベジタリアンではない。

このポジションがものすごく楽で、居心地が良いです。

書道家を辞めました。

書道は好きで続けて来たものの、経歴が長くなるにつれ、それで稼いでいかないとダメな気がしていて、とても苦しかった。

心から創作することをさておき、どんなものに需要があり、どんなものなら売れるのか?

先生をやるならどんなやり方をしたらいい?

そういうことを考えなければいけない気がして、ちょっと考えては相当ゲンナリしていたのです。

好きな様に好きなことを表現できたらそれが一番。

分かっていたのに、認める勇気がなかったんですよね。

長くやって来ただけに、周囲から言われることも多くて、影響されすぎていたこともあったと思います。

名刺作らなきゃ。物販しなきゃ。

そんな思考が巡るたび、私の中の何かが窮屈で。

じゃあ何したい?と時間をかけて自問していたら、

好きな様に創作して、いつかどこかでまた個展したいな〜

純粋にそれだけでした。そしてようやく納得できました。

嫌なことを言われてもネガティブに反応するのを辞めました。

鏡の法則・・・ですね。

言われて嫌だと思うことって、自分でも自分に対してそう思っているからイラっとするそうです。

私の場合ですが、例えば、書道の作品を売ろうかな〜と言ってみたら「売れる訳ないじゃん」という人が私の周りには居ます。

うっせーよボケ!よくもそんな心ないこと言えるわな!デリカシー無い!!人の心に土足で踏み入りやがって!!ああ、ムカつく!!!

カヨン三世
カヨン三世
(言葉表現が汚くてすみません)

以前の私はそういう思考が働いて居ました。

結構に怒り狂ってました。

ただ、冷静に、本当に心からやりたいのか自分と向き合った結果「NO」だったことなのです。

他人に言われた「売れる訳ないじゃん」は、実は、私の声だったということなんですよね。

この仕組みを理解してから(腑に落ちてから)、嫌なことを言われたら、なるべくはそこから見える自分を分析しています。

とはいえ、嫌なこと言われるのは嫌なので、自分のことは迂闊に他人に相談しない様にもなっています。苦笑。

他人にに相談しないと、自分の答えに早く直結できるので、結果オーライでもあります。

そして、嫌なことを言われない様にするには、在り方を変えれば良いだけ。

環境や人間関係もそうですが、それ以前に、自分に立ち振る舞い、言動、行動・・・を変えるだけで、世間の風当たりが全然違うんです。

ほんのちょっとの意識の変化でどうにでもなるという手応えあり。

ブロガーを辞めました。

『ブログを書いている人=ブロガー』なのですが、私はそこに何か思い込みがあった様で

『ブログで結果を出している人=ブロガー』でないといけない様な気がしていました。

そうやって考えすぎて、なぜかブログの更新ができなくなるという経験をし

カヨン三世
カヨン三世
ブロガーなんてやーめた!

と意識をシフトしたら、今度は毎日更新する様になりました。

ブロガーはやめたけれど、文章を書くのは辞めていないという状態。

ほどほど発散できて、居心地が良いです。

近々、プロフィールも自分好みに変えようと思います!

禁ずることを辞めました。

これまでずっと、浴びるほど飲んでいたお酒やタバコを、なぜか飲まなくなりました。

飲んでいた時は、飲みたくない(酔って意識や体力を消耗したくない)けれど、飲まないとやってられない・・・

ヨガをやったりベジとか言ったりしてる私がアル中のヤニ中じゃ格好つかない!

(別に格好つけなくて良いけどw)

そんな思考に巻き込まれていたのですが、なんの企みや目的もなく、ただなんとなく、YouTubeでお坊さんの説法を聞いたり、瞑想したりしていたら、自然と飲まなくなってしまいました。

全然意図していませんでしたが、良い話を聞く時は頭脳はクリアでありたいし、瞑想する時だって頭脳はクリアでありたい。

そんな当たり前な感覚に、身体が流れてくれたのだと思います。

飲んではいけない!辞めなければいけない!と思っている時は、禁じている自分と戦い続けなければいけない辛さがあります。

特に中毒性のあるものは、あたかも自然を装って欲求を投げかけてくるので、ふと、辞めなきゃ!という思考を呼び起こすのですが

辞めなきゃ!と思うことこそ余計な思考(悪魔の囁き)だったのかもしれません。

そんなこんなで、悪習慣を抜け出したことを今思ってみると、悪習慣がよぎった時に私は『〇〇が終わってからにしよう!』と、別のことにエネルギーを使う様になっていた気がします。

それも自然と。

悪習慣のことも悪いことだと思って居ませんでした。

今じゃなくて良いや!くらいにしか思って居ませんでした。

そうしたら、別のことの方が楽しくなって、今は飲むよりもそちらに注力できているのです。

禁酒や禁煙って、そうしようという強い意思が無いとできないのだと思ってきたので、自分でも意外なのですが、

自分がやりたいことを最優先していくと、悪習慣は自然と消えてくれるのだということを体験でき、新しい可能性に心が踊っています。

これはまたの機会にもっとじっくり記事にしてみようと思っていますのでお楽しみに!

ちなみに、『〇〇が終わってからにしよう!』の〇〇は、私の場合は主に呼吸と瞑想です。

付き合いで酒の席に行くことに、断る言い訳や、つい飲んでしまう言い訳を考えるなら、家でゆっくり瞑想して早く全裸で寝たいな〜としか思えない。笑。

ポジティブに考えようとするのを辞めました。

歳のせいでしょうか?頑張ると、疲れるんですよ。笑。

ネガティブに居る時の状態も疲れますが、そこからポジティブに這い上がろうとすると、無理している感が半端なくて余計に疲れるんです。

そもそも、生きていることって前向きなことなのだから、別に頑張らなくても普通に息していればそれでOKな気がして。

かつて、ネガティブなことを考えたりしたら、認知行動療法の手段で、ポジティブに書き換えたりしていましたが・・・

本当の自分はニュートラル(ポジティブでもネガティブでもない中立)が居心地良いな〜としか思えなくなり、もはや、全身全霊で脱力させていただいております。

そんな自分を客観視すると、ふつふつと笑いがこみ上げてきたりして。

(ザ・根暗w)

それはそれで笑えるから良いことの様な気もしています。

ちびまる子ちゃんでいう野口さんみたいな。

野口さんは野口さんらしくて素敵じゃないですか。

そうであって、それがベストなんですよね。

ヨガを学ぶことを辞めました。

最近ヨガ(アーサナ)してないな〜

身体鈍ってきたのはヨガしてないからだな〜

・・・と、ヨガ責めするのをまず辞めました。笑

そういうことをするだけがヨガではない。

ヨガを学ぶことだけがヨガではない。

散歩の中にもヨガはあり、呼吸の中にもヨガはあり、睡眠中にもヨガはある。

何もしていない部分にも大いにヨガはある。

学ぶことばかりを重んじていると、頭でっかちになるばかりで行動が伴わず全然地に足つかなくなってしまうので

学んだことはたとえ忘れてしまったとしても良しとして

(むしろ忘れてちょうど良いとして)

学ぶことから暮らすことへの大きな切り替えを意識しました。

人間は影響を受ける生き物。

これまで学んできた色々が生活の随所に反映されているのですが、それって、経験が彩った私のライフスタイル以外の何物でもない。

好きなことだけを経験して、それを反映させて人生を作っていければそれで良い。

『他人の目を気にしない生き方』かつ『主張しない生き方』こそが私らしいのだと気が付いた。

私は酒飲みでもブロガーでも何屋にしていただいても構いませんが、本人はそう思っていませんよ。笑。

思えば子供の頃『別に良いじゃん』が口癖でした。

小学校の担任の先生にその口癖はやめろと言われ、そうか、別に良いじゃんというのは悪いことなのかと反省した経験があります。

ただ、大人になって思うのは、別に良いじゃんと思えることが多い方が気楽だということ。

子供の頃から、干渉されたくなかったみたいだ、私。

まあ、それはそれで良いんじゃないかなと今は思えます。

それすら主張せず、我が道をテクテクと歩いている姿が、今の私には私らしいな〜と思います。

▼昨日の記事ですが、パジャマも辞めました!

あわせて読みたい
【裸眠健康法】嗚呼、全裸で寝ることの喜びよ!! ことの発端は「もし明日死ぬとしたら・・・」ということを考えたことだった。 ありきたり(?)の、〇〇を食べたいだの、誰かと過...

それでは、今日もあなたらしくわたしらしく!



ランキング参加しています♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング
ABOUT ME
アバター
カヨン三世
沖縄移住2年目ブロガー。 ルパンに恋する80年生まれ。 6年間(2008-2014)の海外放浪を経て自由なところに本当の自分がいることに気がつく。 「自分を生きる大冒険」をテーマに “心と体と魂” を癒すライフスタイルを沖縄から発信しています。