体(美容・健康)

【腋臭・多汗症】脇汗と上手く付き合えるまでに改善!その方法と対策とあれこれ。

思春期から悩んでいた多汗症と腋臭。

以来、手術しか方法は無いのだろうと諦めつつも、日々の汗・ニオイ対策にストレスを感じながら過ごす日々でした。

アラフォーにしてようやく、付き合い方や改善策にたどりつく事が出来たので、本記事では、そのノウハウをシェアします。

Contents

【腋臭・多汗症】脇汗と上手く付き合えるまでに改善!その方法と対策とあれこれ。

本記事は、腋臭クリームの紹介などの記事ではありません

私の経験から得た精神面からの改善策と、簡単なケアの方法を紹介していますが、即効性のある改善策や治療法などの紹介でもございません。

脇汗に悩みのない方でも、ちょっとした不調を感じている方にはもしかしたら参考になるかもしれません。

【長年の悩み】腋臭や多汗症は体質だから仕方がない、死ぬまで変わることはないと思っていた。

気温や季節にかかわらず、タラタラと流れる脇汗。

そのままにしておくと臭うだけ。

洋服の汗じみに突き刺さる他人からの目線や、臭っているのではないかと付きまとう不安。

気にすれば気にするほどに吹き出る汗、ニオイ。

洋服には茶色いシミが残り、シミもニオイも洗濯しただけではスッキリと落ちない。

もう30年近くになります。

こんな悩みと騙し騙し付き合ってきました。

【改善のキッカケ】別の病気をキッカケに、自分自身と向き合い始めたことから脇汗に変化が始まった。

2018年の春、境界悪性の卵巣腫瘍を手術しました。

腫瘍を抱えていた期間も15年ほどと長かったので、どうして病気になったのか、どうして自然治癒しなかったのか、病気って何なのか、深く考えるキッカケになりました。

あわせて読みたい
【入院体験記】境界悪性の卵巣腫瘍を手術(開腹)をしてきました! 先日、境界悪性卵巣腫瘍の手術を受けてきました。 同じ病気で不安を抱えている方に、少しでもお役に立てればと思い、記録に残しま...

頭を使って考えても分からなかったのですが、ある日ふと、私って頭も体もガッチガチで全然緩んでない!と気がつきました。

それからすぐ、自分の心と体を緩ませるであろうことを、ストレスにならない範囲で片っ端からゆるく試し始めました。

【具体策】ストレスを減らして自分を緩ませることに専念したら、脇汗が自然と減っていた。

ストレスというのは目に見えないものなので、何がどうストレスになっているからこうすればいい!という正解がなかなか無いもの。

考えても分からないので、まずは自分が気持ちが良いと思えることを無理のない範囲から始めました。

[締め付けない]下着の見直し:これまでの下着をふんどしパンツ&ノーブラに変更

婦人科系を患ったことの延長で、下着の締め付けの解除に興味を持ち、早速ふんどしパンツを試しました。

ふんどしパンツは、鼠径部の圧迫が無いので開放感があり気持ちがよく、また、ふんどしパンツに変更して数日で、お尻のほっぺや太ももの冷えが解消。

時々不便な事もありますが、家にいるときはもっぱらふんどしパンツ(もしくはノーパン)でリラックス出来ています。

最近はエスカレートして全裸で寝てますけど。笑

あわせて読みたい
【裸眠健康法】嗚呼、全裸で寝ることの喜びよ!! ことの発端は「もし明日死ぬとしたら・・・」ということを考えたことだった。 ありきたり(?)の、〇〇を食べたいだの、誰かと過...


ノーブラに関しては、俗にいうブラトップではなく、背中がフリーになっている締め付け皆無のパット付きキャミに変えました。

私は妊婦ではありませんが、マタニティウェアで探すとゆったりした下着が見つかるのでおすすめ。笑。

西松屋さんの以下の商品、背中がフリーで、前はアンダーに若干の支えがあり、肩紐が調節できるタイプなのでかなり有能です。


[締め付けない]洋服の見直し:下着に合わせてより快適なアウターを選択

下着を変えた事で、ぴったりした洋服が不要に。

またしても、妊婦では無いのにマタニティウェアのスキニーなど、無印良品のマタニティーウェアから選んで買い替えたりしています。

緩めのシーンズ、ボトムを選ばないチュニックワンピなどが定番になりつつあります。

[締め付けない]足元の見直し:ゴムなし靴下とこはぜの足袋、布ぞうりでリラックス

靴下のゴムがきつくて、足先が冷えに冷えていたことはわかっていたので、足元もリラックスさせました。

靴下はハイソックスを購入し、ゴムの入っている上部を切断

切りっぱなしですが、思ったよりほつれず、普通に大丈夫。

家に居る時で、靴下を履きたい時は、こはぜの付いた着物用の足袋が快適!


外履きは、ヒールをやめて、ペタンコ靴(なるべくスニーカー)に。

冷え取り靴下の重ねばきも辞めて、足を解放。

これが意外と、冷えすぎず過保護になりすぎず、ちょうどよく気持ちがいいです。

[緩ませすぎない]運動の見直し:「ヒモトレ」で無意識レベルの体幹調整と気軽な「踏み台昇降運動」を取り入れた

ふんどしパンツについて調べている時に出会った「ヒモトレ」。

ゆる〜くヒモを体に装着するだけなのですが、これが不思議なくらい体の真ん中に意識がいくんです。

何かと動作が楽になるので、何かと快適で伴ってストレスが軽減しています。

普段は、下着の上にヒモを装着し、その上に洋服着てます。


そして、これまで、やらなきゃな〜と思って出来なくて罪悪感を抱いていた運動(散歩やヨガ)を自宅でできる「踏み台昇降運動」に変えました。

散歩やヨガはもちろんやりますが「最近やってないな、やらなきゃな」という思考を別の手軽な運動で置き換え、心を解放しました。


踏み台昇降運動を自宅で入浴前にやるのですが、汗をかこうが関係ないし、日焼けの心配などもしなくていいのでとても気軽です。

(ということで、私は入浴前に下着姿で踏み台昇降しているのです。笑)

[刺激を与えない]食事の見直し:三大炎症物質や刺激物と距離を置いた

三大炎症物質と言われている「精製糖・グルテン(小麦)・カゼイン(乳)」、唐辛子などのスパイス、アルコール、添加物と距離を置きました。

完全に絶っていた事もあったのですが、それだと逆にストレスだったので、家では避けるということと、外食ではなくなるべく自炊するということで、結果、自宅での自炊がメインなのでほとんどこれらを摂っていません。

[刺激を与えない]社会の刺激から距離を置いた

本当の自分が何を求めていて、どうしたら自分を満たしてあげられるか考え、まず、流されるということを辞めました

流されていることに気がついてあげる事も未だパーフェクトには出来ませんが、事あるごとに立ち止まり、本当の自分の気持ちに目を向け、行動していました。

↓日記のような記事ですが、自分に向き合う過程のあれこれです。

あわせて読みたい
【意識のシフト】辞めて、辞めて、辞めて、そして始まる『本当の自分』が止まらない。 以前に『肩書きを全てなかったことにして本当の自分に近付く。』という記事を書きました。 2018年の終わりにはSNSも辞めた...
あわせて読みたい
【追わない暮らし方】求めない暮らしを目指して踏み出す一歩にまずは深呼吸。 本当の自由を求めて、外側へ内側へと冒険してみたところ、内側の方が自由だなと気がつけたばかりなのですが こうしてずっと何かを...

[ニュートラルを作る]無になる時間の確保:ストレスだの緩ませるだの何だの色々考えない「瞑想」と「呼吸」

1分でもいいから時々瞑想しよう、そう誓って、瞑想の習慣を意識しています。

長くできる時は長めに行うのですが、そうでないときは1分でも良しとして、とにかく頭を空っぽに。

「緩ませる」でもなく「緩ませすぎない」でもなく、その中間の「ニュートラル」を過ごすようにしています。

ただ、呼吸する自分をそのまま感じるだけの作業。



↑ この書籍、もう中古でしか手に入らないかもしれませんが、素晴らしいCDが付いていておすすめなんです。

瞑想や呼吸法は自分でできるようになるまでは誘導してもらうとやりやすいです。

自分でできるようになってからも、誘導してもらい、委ねる事でよりリラックスできる事が多いです。

【総論】結局はメンタルの原因が大幅を占めていただけだった。

脇汗、腋臭は遺伝的要因もあると言われていて、私もそれは実感しています。

しかし、メンタルを整えた事で、自分でも満足できるレベルにまで改善できたので、物理的な対策以外にも解決策があるのだと分かりました。

心や魂が何かを訴えている事が体に反映して異変が起こったりします。

それがちょっとした不調や風邪だったり、大きな病気だったり、人それぞれなのですが。

そっと耳を傾けて、ひとつひとつ向き合ってみると、体の異変が改善されていくのではないでしょうか?

私が自分自身を緩ませていっているのは、最初に述べましたが、脇汗対策ではなくて、別の病気をキッカケに、自分自身と向き合い始めたことです。

ですので、私と同じことをしたら同じ結果になるとは言えませんが、自分と向き合うようにしていけば、色々な不調が改善されるのではないでしょうか?

時間はかかりますが、楽しく前向きに、自分の人生を整えてみてください。

きっと良いことが起こりますので!!

【ニオイ・汗のケア】少しの工夫とオススメの自然派デオドラント。

一番大事な「少しの工夫」:我慢しない

自分と向き合っていると、どんな状況が辛くて、どんな状況が快適か、はっきり分かるようになります。

ですので、嫌だと思った仕事を無理やり続けたり、苦手だと思った人に無理やり合わせたり、そういう「無理」や「我慢」を極力避けています。

そうすると、変な汗かきませんので!!

究極、この部分が本質だと思います。

おすすめの自然派デオドラント

これまでは、天然物では限界があるな〜と感じていたけれど、現状までに落ち着いたので、天然物で満足できる状態です。


↑ 夜はお風呂上がりにこれだけで大丈夫になってます。


↑ 朝、デオクリスタルの後にこれを塗って終了。

日中にケアをし直すようなこともありません。


↑ 洋服や下着の臭いそうな部分にスプレーしておくと、善玉菌が臭いを抑えてくれます。

これらのケアにプラスして、半袖タイプの肌着やTシャツはワンシーズンで買い換えるようにしています。

(買い換えること前提にそれなりのものを買っています)

この様な事で問題がない状態にまでなりました。

最後にひとこと

このお話、完全に自分のことなのですが、ブログで触れるか触れないべきか、相当悩みました。

私自身、長年のコンプレックスでしたので、改善できたよ!と言える今でも、昔はそうだったの?目線で来られると嫌だなぁとか考えてしまったり。苦笑。

それでも、良くなった喜びの方が大きくて、全く同じようにはいかなくても、この記事を読んでもらって何かしらの気づきがあって、その人の人生がより前向きになるキッカケになったら嬉しいと思えたので記事にしました。

精神面のことなどは、言葉で伝えるのも文章にするのもとても難しいのですが、一生懸命書きましたので、行間を読み取りつつ、役立ててみてください。

それでは爽快な一日をお過ごしください!

皆さんにも良いことがあります様に。



ランキング参加しています♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング
ABOUT ME
アバター
カヨン三世
沖縄移住2年目ブロガー。 ルパンに恋する80年生まれ。 6年間(2008-2014)の海外放浪を経て自由なところに本当の自分がいることに気がつく。 「自分を生きる大冒険」をテーマに “心と体と魂” を癒すライフスタイルを沖縄から発信しています。