魂(スピリチュアル)

キールタンの効果│キールタンに救われた話

私が細々とキールタン(歌うヨガ)を練習している日々のひとこまからのお話です。

▼キールタンとは?というのが気になる方はこちらをどうぞ!▼

【バクティヨガとは?】バクティヨギーニのカイラバさんから学ぶ『バクティヨガ』について♪

キールタンの効果│キールタンに救われた話

先日、仲良くしていた友人の訃報を受け、

ことあるごとに悲しい気持ちが込み上げてきて、

それは当たり前のことかもしれないけれど、

また会いに行くつもりだったのに・・・

もっとお話ししたいことがあったのに・・・

などと、悔やんでも悔やみきれないことだと分かっているのに

どうしても気持ちがそちらに向かってしまう状態が続きました。

そんな数日をぼんやり過ごしていたところ

あるひふと、ウクレレを手にとって、キールタンを練習しました。

そこに、ウクレレがあったから。

悲しいときに歌を歌う?

失恋じゃないよ。友人が亡くなったのに。

どうせノレないって。

頭の中をそんな会話が駆け巡っていました。

だけど、なんとなく、それしかできることが無くて、それしかやることができなくて、

ウクレレを。キールタンを。

すると不思議なもので、友人と交わしたかった会話の全てが、マントラに乗って、何処かに届く感覚がありました。

なぜだろう、涙も出る事なく、ただ、何かが何処かに届く感覚だけが心を落ち着けてくれました。

もしかしたら、私が単にそう思いたいだけなのかもしれない。

マントラが神聖なものだという先入観と思い込みがそうさせたのかもしれない。

そうかもしれないけれど、そうではないかもしれないけれど、

キールタンすごい。

キールタンといっても、私が一人でウクレレを練習しながら一人で歌を口ずさんでいただけですが。

悲しみのあまり放心状態だった私は、部屋の一点を見つめて喪失感をひたすら感じていました。

私の中で多分、もうその状態がしんどくて、たまたま目に入ったウクレレに手を伸ばし、なんとなく音を出しただけ。

悲しみから解放されてニュートラルな状態になるのが心地よくて、3時間くらい歌いっぱなしだったと思います。

こうして心が浄化され、友人の死を受け入れることに至りました。

私の想いもマントラに乗って友人に届いているのだと思うことができています。

キールタンが神聖なものだからそうなったのかもしれないし

瞑想状態が頭のおしゃべりをストップしたからかもしれないし

説明にならない、言葉にならない何かがあるのは確かで

言葉にならないので、

キールタンすごい。

としか言えません。

(語彙力の問題かもしれませんが。汗)

日常にちょこっと楽しめる楽器があることも、救いのひとつでした。

初心者でもとりかかりやすいウクレレ、良いですよ。



ランキング参加しています♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング
ABOUT ME
アバター
カヨン三世
流離うブロガー。 ルパンに恋する80年生まれ。 6年間(2008-2014)の海外放浪を経て自由なところに本当の自分がいることに気がつく。 「自分を生きる大冒険」をテーマに “心と体と魂” を癒すライフスタイルを北海道から発信しています。